年金時代

年金時代編集部

年金の選択とその手続

今回は、複数の年金受給権がある場合の年金の選択とその手続について、見ていきます。具体的な選択例に沿って、その際の手続等について確認していきます。

年金の選択と「選択届」

年金には、老齢年金、遺族年金、障害年金の3つがあり、複数の年金の受給権が発生する場合があります。65歳前であれば原則1つの年金を選択し、65歳以降は、基礎年金と厚生年金とで異なる種類の年金の組み合わせが一部可能となります。

受給する年金を選択するには、年金事務所等に「年金受給選択申出書」(以下「選択届」)を提出します。原則、選択届を提出した月の翌月分から選択した年金が支給されます。

 

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

年金時代編集部
年金時代編集部は、将来にわたって、年金制度が経済的なリスクに直面した人たちの生活を支えていくことができるよう、年金の正確な情報提供を通じて、その持続可能性の向上に貢献していきます。  
年金時代