年金時代

長沼 明(ながぬま・あきら)/浦和大学客員教授・前埼玉県志木市長

国民年金基金に繰下げ受給はあるのか?

繰下げ受給への関心が高まっています。

先日、老齢基礎年金の繰下げ受給を検討しているという女性から、次のような相談をいただきました。

   <相談内容>

国民年金基金に10年くらい加入していたのですが、老齢基礎年金を繰下げ受給したら、国民年金基金もいっしょに繰下げ受給することになるのですか?

それから、国民年金基金を繰下げ受給したら、65歳で受給するときと比べて、どのくらい増額されるのでしょうか?

さて、どうなるのでしょうか?

国民年金基金も66歳から受給すれば、1月につき0.7%の増額率で計算されて、8.4%増になった国民年金基金の年金額を受給できるのでしょうか?

今月は、国民年金基金の繰下げについて、考えてみました。

                                 <事例はあくまでもフィクションです>
  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

長沼 明(ながぬま・あきら)/浦和大学客員教授・前埼玉県志木市長
地方公務員を中心に共済組合等の年金に関する第一人者。埼玉県志木市長を2期8年務め、市長在任中に日本年金機構設立委員会委員、社会保障審議会日本年金機構評価部会委員、日本年金機構のシンボルマークの選考委員を歴任。著書に『年金一元化で厚生年金と共済年金はどうなる?』(年金・福祉推進協議会)などがある。
年金時代