年金時代

谷内 陽一(たにうち よういち)/第一生命保険株式会社 団体年金事業部 課長

第24回 確定拠出年金における「機関」とは ~iDeCo編~

前回のコラムに引き続き、今回は、個人型確定拠出年金(iDeCo)の制度運営に関わるさまざまな「機関」について解説いたします。

国民年金基金連合会

国民年金基金連合会はiDeCoの実施主体であり、iDeCoに係る運営管理業務、資産管理業務およびその他の事務を実施する責任を負います。しかし法令上は、運営管理業務を運営管理機関へ委託することが義務付けられているほか(DC法第60条第1項)、加入申出の受理等の事務を金融機関へ委託することが可能とされています(同第61条第1項)。また、iDeCoの資産管理事務については、事務委託先金融機関に委託することとされています(個人型年金規約第27条)。

なお、①個人型年金加入者の資格の確認②個人型年金加入者掛金の額が拠出限度額の範囲内であることの確認に関する事務は国民年金基金連合会の固有業務であり、外部委託はできないこととされています(DC法第61条第1項第5号)。

運営管理機関(運用関連・記録関連)

前述の通り、国民年金基金連合会はiDeCoの運営管理業務を自ら行うことはできず、運営管理機関へ委託することが義務付けられています(DC法第60条第1項)。iDeCoの運営管理機関は、企業型DCと同様、主務大臣(厚生労働大臣および内閣総理大臣)の登録を受ければあらゆる法人・団体が実施可能です。ただし、iDeCoでは加入者が運営管理機関を指定するしくみとなっており(同法第65条)、国民年金基金連合会は、複数の運営管理機関に対し運営管理業務を委託できるようにしています。iDeCoの運営管理機関は、個人型年金規約別表1に記載されているほか、iDeCo公式サイト運営管理機関一覧ページでも確認できます。

また、国民年金基金連合会は、自動移換者(企業型DCの資格喪失後6ヶ月以内に所定の手続きを行わなかったため年金資産が国民年金基金連合会に自動的に移換された者)の記録管理業務の委託先として、記録関連運営管理機関(レコード・キーパー)の中から特定運営管理機関を指定することとされています(個人型年金規約第25条)。特定運営管理機関に係る業務は、現在は日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社(JIS&T)が実施しています。

事務委託先金融機関

国民年金基金連合会は、iDeCoの資産管理事務を信託会社(信託業務を営む金融機関を含む)に委託することとされており(個人型年金規約第27条)、この資産管理事務の委託先のことを事務委託先金融機関と称しています。事務委託先金融機関は、個人型年金規約別表2に記載されている信託銀行が実施しています。

受付金融機関

受付金融機関とは、国民年金基金連合会からiDeCoの加入申出の受理に関する事務等の委託を受けた金融機関のことを指しますが、これは法令上の用語ではありません国民年金基金連合会から加入申出等の事務を受託できる金融機関は、銀行、商工組合中央金庫、信用金庫、信用金庫連合会、労働金庫、労働金庫連合会、信用協同組合、信用協同組合連合会、農林中央金庫、農業協同組合、農業協同組合連合会、漁業協同組合、漁業協同組合連合会、水産加工業協同組合、水産加工業協同組合連合会、共済水産業協同組合連合会、信託会社、保険会社および無尽会社とされており(DC法施行令第34条)、国民年金基金連合会に申し出ることで受付金融機関として登録されます。

iDeCoの受付金融機関は、個人型年金規約別表1の「再委託する運営管理業務等再委託先運営管理機関等の名称、住所」欄において、「加入者等の届出の受理に関する事務」あるいは「加入の申出及び加入者等が行う届出の受理に関する事務」を行う金融機関として記載されています。また、iDeCo公式サイト運営管理機関一覧ページにおいて「受付業務を受託している金融機関」をプルダウン選択することでも確認できます。

今回のまとめ

企業型DCもiDeCoも各機関の役割はほぼ同一だが、iDeCoでは国民年金基金連合会が運営主体(旗艦)として関わることが大きな特徴である!!

谷内 陽一(たにうち よういち)/第一生命保険株式会社 団体年金事業部 課長
厚生年金基金連合会(現:企業年金連合会)で約10年にわたり記録管理・数理・資産運用等の業務に従事。りそな銀行等を経て、2019年より現職。2015年より日本年金学会幹事、2021年より埼玉学園大学経済経営学部非常勤講師を兼任。社会保険労務士、証券アナリスト(CMA)、DCアドバイザー、1級DCプランナー。著書に『人生100年時代の年金制度:歴史的考察と改革への視座』(共著・法律文化社)、『50代から知っておきたい! 年金生活の不安、解消します』(共著・幻冬舎)など。
年金時代