年金時代

三宅 明彦(みやけ あきひこ)/社会保険労務士

繰下げ受給時の加給年金と振替加算/改正後の在職老齢年金(低在老)の対象者

今回は2つのテーマについて説明をします。前半は繰下げ受給時の加給年金と振替加算がどうなるのか、後半は制度改正後に60代前半の在職老齢年金を受給する対象者について、です。

繰下げ受給時の加給年金と振替加算

現在、繰下げ受給を希望する人は1%程度と多くはありませんが、今後、70歳までの雇用が確保されれば、より多くの年金額を求めて繰下げ受給を選択する人が今まで以上に増えてくることは予想がつきます。

繰下げ受給についての問い合わせも以前より増えてきました。中でも、加給年金と振替加算についての質問が目立つので、今回、ポイントを簡単にまとめてみました。

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

三宅 明彦(みやけ あきひこ)/社会保険労務士
東京都社会保険労務士会所属。 金融機関等での豊富な年金相談経験をもつ。多数の年金セミナー・年金研修等の講師を務める。現在、東京都社会保険労務士会の年金講座講師。著書多数。『年金マニュアルシート』(社会保険研究所)は年金相談の現場でも活用されている。
年金時代