年金時代

石渡 登志喜(いしわた・としき)/社会保険労務士・年金アドバイザー

事実婚の夫が死亡したときの遺族年金請求の可能性について

今回は事実婚関係に加え、夫の死亡時に妻が妊娠中というケースです。事実婚関係であっても、生計維持要件等を満たしていれば遺族年金を受給することが可能です。また、妊娠中の子と、死亡した父親との親子関係の「認知」を受ける手続についても、ご紹介します。

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

石渡 登志喜(いしわた・としき)/社会保険労務士・年金アドバイザー
電子計測器メーカーで資材部長・営業部長・厚生年金基金常務理事を経験。定年退職後、社会保険労務士事務所開業。千葉県内の年金事務所の年金相談員経験者。豊富な相談事例をもち、雑誌、書籍等多数執筆。
年金時代