年金時代

岡本 純輝(おかもと じゅんき)ドリームサポート社会保険労務士法人

短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用の拡大

労働分野の旬なテーマを取り上げて、実務の参考となる情報を提供する連載企画。第15回は、短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大をテーマに取り上げます。令和4年10月には、さらに適用対象が拡大されますが、適用拡大で変わること、会社として事前に準備することなど、ドリームサポート社会保険労務士法人の岡本純輝さんに解説していただきます。

多様な働き方にあわせた制度の拡大

一億総活躍の掛け声とともに、子育て世代の女性や高齢者の社会進出、ダブルワークの増加など多様な働き方が広まっています。

多くの人に社会で活躍してもらうために、平成28年10月から、短時間労働者であっても一定の要件を満たすことで健康保険・厚生年金保険(以下、社会保険)に加入できるように法改正がなされました。

まずは現行の短時間労働者に対する社会保険適用の条件を見てみましょう。

要件 現行 平成28年10月より
企業規模 従業員数500人超
労働時間 週の所定労働時間が20時間以上
賃金 月額88,000円以上
雇用期間 継続して1年以上使用される見込み
その他 学生ではない(夜間学生を除く)

上記をすべて満たすことで社会保険の被保険者となります。

次ページ:さらなる被保険者の適用拡大

ここから先はログインしてご覧ください。

岡本 純輝(おかもと じゅんき)ドリームサポート社会保険労務士法人
元ひきこもり。就労支援プログラムの一環として、2014年9月、旧安中社会保険労務士事務所に入所。2015年4月、ドリームサポート社会保険労務士法人への法人化に伴い転籍。給与計算や社会保険・労働保険手続きの実務に従事し、現在は、担当部門のリーダーとして3名の部下を率いる。 法人化に際し、経理・庶務・IT部門など経理管理面の整備を担った経験から、顧客総務担当者の抱える労務面だけではないバックオフィス業務全般にわたる課題の解決も得意とする。 週4正社員制度を活用し週に一度のペースで、元当事者として、引きこもりの本人やご家族に向けて、自身の社会復帰経験を伝えるボランティアを続け、若者就労支援に関する講演や、レクリエーションやイベントへの参加などを続けている。
ドリームサポート社会保険労務士法人
東京都国分寺市を拠点に事業を展開し、上場企業を含む約300社の企業の労務管理顧問をしている実務家集団。
年金時代