年金時代

三宅 明彦(みやけ あきひこ)/社会保険労務士

繰下げ制度の改正と未解決点について

令和3年4月から高年齢者雇用安定法により、70歳までの雇用措置が企業の努力義務となりました。また、令和4年4月からは年金法の改正により、年金は75歳まで繰下げて受給ができるようになります。

これらのことから、今後は年金の繰下げ受給をする方が増えてくるものと思われます。今一度、繰下げ受給のしくみと注意点、改正による変更点をまとめてみました。また、改正後も繰下げ制度の恩恵を受けられない例が散見されますので、この制度改正の未解決点についても考えてみました。

(1)繰上げ受給と繰下げ受給のしくみ

まずは、繰上げ受給と繰下げ受給のしくみについて簡単に説明します。
公的年金の受給開始時期は、原則として、個人が60歳から70歳の間で自由に選ぶことができます 。65歳より早く受給開始した場合(繰上げ受給)には、年金額は減額(1月あたり▲0.5%、最大▲30%)され、66歳より後に受給開始した場合(繰下げ受給)には、年金額は増額(1月あたり+0.7%、最大+42%)されます。

図表1 繰上げ・繰下げ受給率(現行)

 

 

これ以降はnote年金時代(有料)でご覧いただけます。

 

三宅 明彦(みやけ あきひこ)/社会保険労務士
東京都社会保険労務士会所属。 金融機関等での豊富な年金相談経験をもつ。多数の年金セミナー・年金研修等の講師を務める。現在、東京都社会保険労務士会の年金講座講師。著書多数。『年金マニュアルシート』(社会保険研究所)は年金相談の現場でも活用されている。
年金時代