年金時代

年金時代編集部

20歳前の傷病による障害基礎年金を受給している人の手続

障害年金を受給するためには加入(初診日)要件、保険料納付要件、障害等級該当要件の3つを満たしていることが必要です。しかし、20歳になる前に初診日がある場合、20歳になったとき(または初診日から1年6ヵ月経過した日(固定日))に障害等級該当要件を満たしていれば、障害基礎年金が支給されます。

これを「20歳前の傷病による障害基礎年金」と言います。20歳になる前なので、年金制度に加入して保険料を支払う義務がなく、加入要件と保険料納付要件は問われません。その代わりに、受給者の所得による支給制限があり、また、恩給・労災給付との調整もあります。なお、国民年金の加入者と同様に、日本国内に居住している人が対象です。

この「所得による支給制限」については、年金制度改正法(年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律)や税制改正により見直しが行われました。今回は、この見直しを中心に20歳前の傷病による障害基礎年金の手続について見ていきます。

なお、20歳になる前に厚生年金の被保険者となり、その加入中に初診日がある場合は上記の3つの要件が問われ、受給者の所得による支給制限はありません。3つの要件を満たしていれば、障害厚生年金(2級以上であれば、加えて障害基礎年金)が支給されます。

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

年金時代編集部
年金時代編集部は、将来にわたって、年金制度が経済的なリスクに直面した人たちの生活を支えていくことができるよう、年金の正確な情報提供を通じて、その持続可能性の向上に貢献していきます。  
年金時代