年金時代

太田 祐子(おおた ゆうこ)ドリームサポート社会保険労務士法人

相談窓口を利用しやすく ~リモート勤務の増加と企業のメンタルヘルス対策~

労働分野の実務の参考となる情報を提供する「プロが伝える労働分野の最前線」第22回のテーマは、メンタルヘルス対策です。リモート勤務が広がる昨今では、職場のコミュニケーション不足などから、ストレスを感じる人が増えているようです。対策のポイントになる相談窓口のあり方も含めて、ドリームサポート社会保険労務士法人の太田祐子さんが解説します。

テレワーク環境でのコミュニケーション不足やストレスは継続的な課題

2021年11月に発表された内閣府の「第4回新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」によると、テレワーク経験者の36.1%がテレワークのデメリットとして、「気軽な相談・報告が困難」、30.3%が「コミュニケーション不足やストレス」を挙げています。2020年6月の第1回調査から、これらの理由が常にデメリットの上位にあがっており、テレワークによるコミュニケーション不足・ストレスは、継続的な課題といえるでしょう。

出典:内閣府「第4回 新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」

次ページ:メンタルヘルス不調の防止策

ここから先はログインしてご覧ください。

太田 祐子(おおた ゆうこ)ドリームサポート社会保険労務士法人
外資系コンピューター関連サービス企業にて約10年間、多種多様な企業へのITインフラ環境の設計・導入に従事。2016年ドリームサポート社会保険労務士法人入社。現在は、課長として新拠点開発を中心に、業務改善の指揮、労務相談も担当。メンバーのマネジメントにあたるほか、自身も一部上場企業を含むIT・運送業等、幅広い顧客を担当し、人事労務管理の助言、人事制度コンサルティングを手掛ける。法人としての顧客に寄り添うだけでなく、総務・人事部門の立場を尊重した実務的なアドバイスに定評がある。
ドリームサポート社会保険労務士法人
東京都国分寺市を拠点に事業を展開し、上場企業を含む約300社の企業の労務管理顧問をしている実務家集団。
ドリサポ公式YouTubeチャンネル
代表 安中繁が、労働分野の実務のポイントをわかりやすく解説している動画です。是非ご覧ください。
年金時代