年金時代

年金時代編集部

#8 初めて1・2級に該当した場合の障害年金請求

「初めて障害等級の1級または2級に該当したことによる請求」(以下「初2請求」という。)とは、障害が既に一つあり、その上で、その障害とは別の原因でもう一つ障害が発生し、前後の障害を併せると、初めて1・2級の障害状態になった場合の請求方法です。
障害年金請求書の「障害給付の請求事由欄」にも記載があるため、障害認定日請求や事後重症と同じように、一つの確立した請求事由ですが、実際にこの事由で請求する例は多くはありません。

 また、初2請求をする具体的な例は、上記の説明文言から連想するイメージとは、少々異なるかも知れません。今回は、どのような場合、初2請求をするかを、事例をもとに検証していきます。

 従来ですと、相談内容の紹介から入りますが、今回は、まず初2請求の基本的事項から解説し、その後、事例検証をしていきたいと思います。

⒈ 初2請求の解説

⑴基本事項

 複数の障害を併せて初めて障害等級の2級以上に該当するとき支給される障害年金です。このことから、二つ以上の傷病による障害があることが要件になってきます。軽かった一つの障害が悪化し、初めて1・2級に該当した場合は、事後重症ですので、初2請求にはなりません。

⑵初診日、納付要件等の取扱い

 既存の3級以下の障害のことを「前発障害」と言います。その後、新たな傷病により発生した障害を「基準障害」と言います。この基準障害にかかる傷病により、初めて医療機関を受診した日が、当該障害年金請求の初診日となり、納付要件や障害認定日も、この日を基準に判定します。

 

⑶請求の効果

 障害等級に認定されれば、事後重症と同じく、請求日の翌月分から障害年金が支給されます。遡りませんので、注意してください。

⑷複数の障害の併合

 初2請求は、二つ以上の障害状態を勘案して、障害認定を行います。これを、障害の併合認定と言います。しかし、併合しても2級以上にならない障害もあります。例えば、心臓のペースメーカー装着で3級の方が、3級程度のうつ病になっても、併合して2級というようにはなりません。このように、併合認定される障害は、併合認定基準というもので規定されており、二つの障害があれば必ず併合認定されるという訳ではありませんので、注意が必要です。この併合認定基準については、日本年金機構のホームページにも記載されていますので、詳細はそちらをご覧ください。

日本年金機構ホームページ▶国民年金・厚生年金保険 障害認定基準(https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.html)

※ちなみに、ペースメーカー3級とうつ病の3級の場合、もし、両方の傷病の初診日が厚生年金加入中であれば、障害厚生年金3級でそれぞれ決定され、どちらか一つの傷病の障害年金を選択して受給することとなります。

⒉ 初2請求の具体的な請求例

 以上のようなことから、複数障害があっても、併合認定されない場合もあり2級以上に該当しないケースもありますし、また、一つ一つの障害がどの程度の障害等級に該当するかは、実際、障害年金を請求してみないと分からないことですから、初2請求というのは、あまりお目見えしない請求事例です。
では、この初2請求とはどのようなときにするのか、今回は初2請求で一番多い事例の一つを検証していきたいと思います。

事例●二つの傷病が原因による肢体障害での障害厚生年金請求

脳梗塞を患い肢体障害が出現し、それによる障害年金請求は、本連載第6回でも掲載しました。今回は、症状固定をしていないとのことですので、通常どおり、初診日から1年6ヶ月経過したところが障害認定日になります。

つまり、脳梗塞により救急搬送された令和2年10月7日を初診日とし、令和4年4月7日を障害認定日とする障害基礎年金(初診日が国民年金加入中のため)の請求が可能かと思われます。
しかし、ここで悩ましいのが、既往症である頚椎症です。この傷病により仕事を辞めた経緯があることから、ある一定以上の肢体障害があったことがうかがえます。従って、既往症の頚椎症の症状を差し引いて審査しないと、請求傷病である脳梗塞による肢体障害を認定することができません。頚椎症の症状を差し引いた脳梗塞による肢体障害の診断書を医師が作成してくれるかが勘所となりますが、現実問題、そういった診断書を作成してもらうことは難しいと思われます。
今回も脳梗塞による肢体障害で障害基礎年金の請求案内をし、頚椎症を差し引いた症状で診断したことが分かるように診断書を作成してもらうよう案内しましたが、既往の頚椎症と脳梗塞による肢体麻痺は、その相乗効果もあり現在の症状に至っているので、切り離して診断することは難しいという医師の判断から、脳梗塞単独での診断書は取得できないとのことでした。

相談者申し立ての症状からすると、2級相当に該当するのではと思われる内容でしたので、請求すれば障害基礎年金が受給できそうではあったのですが、脳梗塞により、どの程度の障害を負ったかが不明な以上、脳梗塞の傷病のみで請求することはできません。このようなときに、「初2請求」を検討します。つまり、頚椎症による肢体障害と脳梗塞による肢体障害、別々の傷病が原因の障害状態を、併合して初めて2級になったという請求方法になります。

 請求者にこのことを説明し、今回は「初2請求」で請求することを了承されましたので、必要書類を集める作業に入ります。

 

これ以降はnote年金時代(有料)でご覧いただけます。

 

年金時代編集部
年金時代編集部は、将来にわたって、年金制度が経済的なリスクに直面した人たちの生活を支えていくことができるよう、年金の正確な情報提供を通じて、その持続可能性の向上に貢献していきます。  
年金時代