年金時代

私的年金 DCの運用に関する専門委員会で関係団体へのヒアリングを実施

厚生労働省は4月5日、社会保障審議会企業年金部会「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」(委員長=森戸英幸・慶応義塾大学教授)第4回会議を開催。第2、第3回に続く関係団体へのヒアリングを実施し、運営管理機関連絡協議会から、実際の運用商品の選定・提示(説明)の方法や、運用商品の除外に関して想定される問題点について聴いた。意見交換を通じて、特定の運用商品の推奨とならない範囲での分かりやすい商品提示のあり方や、商品除外の際の照会対応やコスト、顕在化するリスクに対する責任の所在など具体的な課題も見えてきた。ヒアリングは今回で終了し、次回以降、これまでの議論で明らかになった論点も含め整理したうえで具体的な検討を進める。

レポートで詳細を解説。

年金時代