年金時代

公的年金 社会保障審議会資金運用部会がスタート

4月21日、社会保障審議会に新たに設置された資金運用部会で、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のガバナンス強化に向けた議論が始まった。部会長には神野直彦・日本社会事業大学学長・東京大学名誉教授、部会長代理に植田和男・共立女子大学教授・東京大学金融教育研究センター長が選出された。年金積立金の運用に関する重要事項については、社会保障審議会に新たに会議体を設置して審議するよう、年金部会が「GPIF 改革に係る議論の整理」(平成28年2月8日)の中で提言していた。また、10月1日からは厚生労働大臣がGPIFの中期目標の策定や基本ポートフォリオを含む中期計画の認可等を行う際に、社会保障審議会に諮問しなければならないよう法改正された。これらを踏まえ、資金運用部会では役員の任命基準をはじめ、GPIF改革に向けた議論を進めていく。

年金時代