年金時代

公的年金 年金事業管理部会で日本年金機構の業務実績を評価

社会保障審議会年金事業管理部会は、5月23日、日本年金機構の平成28年度業務実績について評価を行った。日本年金機構では、不正アクセスによる情報流出事案を契機に平成28年度から3年間、集中的に業務改善計画に取り組んでいる。同年度を「再生元年」と位置づけ、「日本年金機構再生プロジェクト」の中で約70項目にわたる改革に取り組んだ。機構本部の再編やブロック本部の統合、障害年金センターの設置などにより業務の集約・合理化を進め、一方で年金事務所へ人員シフトするなど、大規模な組織改革を実施した。加えて、情報セキュリティ対策の強化や受給資格期間短縮およびマイナンバー導入等への対応を進めた。こうした機構の取り組みを今回と次回の同部会で審議し、評価を取りまとめる。

 

年金時代