年金時代

個人年金 4月の個人型DCの新規加入者は過去最高の約6万人

国民年金基金連合会は、平成29年4月の個人型DCの新規加入者数が過去最高の59,918人になったと発表した。これまで、個人型DCは、自営業者や企業年金制度のない事業所で働く会社員など加入者の範囲は一部に限られていた。平成29年1月の確定拠出年金法改正以降、専業主婦や公務員等など範囲が拡大されたことに伴い、法改正前の平成28年12月時点において全体で306,314人だった加入者数も4月時点で489,008人と大幅に増加した。種別ごとに見ると、第1号加入者(第1号被保険者)は89,558人、第2号加入者(第2号被保険者)は391,039人(うち共済組合員69,379人)、第3号加入者(第3号被保険者)は8,411人となっている。

国民年金基金連合会 個人型確定拠出年金ホームページ
http://www.npfa.or.jp/401K/

年金時代