年金時代

【新刊】『国民年金ハンドブック』平成29年度版

国民年金に関する実務解説の決定版

『国民年金ハンドブック』

版:平成29年度版
規格:A5・576頁
発行:平成29年5月発刊
ISBN:ISBN978-4-7894-3616-8 C3032 2800E
商品No:30326
定価:本体2,800円+税

『国民年金ハンドブック』は、昭和52年に初版発行以来40年間、これまで42回改訂を続けてきた図書で、国民年金に関する本格的な実務書です。

本書は、国民年金制度のしくみと給付などについて、図解をまじえてわかりやすく、しかも詳しく解説した手引書です。給付の種類と通則事項の解説をはじめ、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の受給要件、給付の内容、請求手続などについて詳しく解説するとともに、国民年金の第1号被保険者に対する独自給付(付加年金、寡婦年金、死亡一時金、特別一時金など)や、昭和60年改正前の旧国民年金法の老齢年金、通算老齢年金などについても解説しています。

受給者の手続については記載例を豊富に掲載して解説しており、附録として、厚生年金保険の給付についても必要かつ十分な解説を掲載しているほか、年金記録問題と特例措置についても、詳しく解説しています。

今回の改訂では、平成29年4月からの新年金額のほか、巻末の附録として、平成28年12月に公布された「持続可能性向上法」による主な改正点の解説、さらには平成29年8月から実施される「受給資格期間短縮」に関する解説なども収載しています。

本書は、市区町村の国民年金の実務担当者だけでなく、社会保険労務士、被保険者にとっても、座右の書となります。

年金時代