年金時代

企業年金 DC運管に関する命令の一部改正が公布される 

厚生労働省は7月20日、「確定拠出年金運営管理機関に関する命令の一部を改正する命令」を公布した。これは、DC改正法のうち、来年1月1日に施行される「掛金拠出の年単位化」に伴い改正される。法改正により年単位化が実施されると、12月から翌年11月までの12ヵ月間(暦年)を単位として掛金の拠出が可能になる。これまで、運営管理機関が掛金額に関する業務報告書を提出する際、事業年度を単位としていたが、法改正にあわせて命令の一部(様式第7号)が改正され、12ヵ月間を単位とした掛金額の報告を行うことになる。また、給付の状況に関する報告は、年金と一時金のそれぞれについて報告することになっていたが、年金と一時金の併給の場合についても報告するよう改正を行っている。この改正命令の施行は来年1月1日で、施行日以後に終了する事業年度に関する報告書から適用される。

年金時代