年金時代

公的年金 平成29年度お客様向け文書モニター会議がスタート

日本年金機構では、年金の被保険者や受給者、事業主などにあてて作成する文書について、一般の人々の目線でわかりやすいものに改善するためにモニターを募り、意見を聴取している。7月28日、平成29年度の第1回お客様向け文書モニター会議が開催され、アニュアルレポートと年金機構のホームページについて、モニター9名がそれぞれ意見を述べた。「アニュアルという言葉は一般になじみがない」「専門用語がわかりにくい」「ホームページはスマホで読みやすいように文字を大きく」など、たくさんの意見が寄せられた。

今回、公募で選ばれたモニターは一般企業の退職者や年金受給者が中心で、平成29年7月から平成30年3月までモニターを務める。

年金時代