年金時代

公的年金 10月スタートのGPIF経営委員会のメンバーを公表

厚生労働省は8月1日、10月1日に設立されるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の経営委員会のメンバーを公表した。同委員会はGPIFのガバナンス強化策の一つとして、昨年成立した「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律」により導入される。GPIFにおける意思決定などが現在の理事長による独任制から、8人以内の委員ならびに理事長で構成される経営委員会による合議制に変わる。主にGPIFの基本ポートフォリオ等の重要事項について意思決定を行い、また、業務執行に対する監督権限を併せ持つ。委員は、経済、金融、資産運用、経営管理その他の年金積立金の管理運用に関連する分野の学識経験者等から厚生労働大臣が任命する。任期は5年で、委員長には、平野英治・メットライフ生命保険株式会社取締役代表執行役副会長が就任する予定だ。

年金時代