年金時代

公的年金 7月22日からの大雨災害で国民年金保険料を免除

厚生労働省は7月28日、通知「平成29年7月22日からの梅雨前線に伴う大雨により被害を受けた国民年金第1号被保険者に対する保険料免除に係る取り扱いについて」(年管管発0728第6号)を発出した。災害により被保険者等の住宅や家財などが損害を受けたとき、被害金額がおおむねその財産等の2分の1以上の場合には、申請により国民年金保険料が免除される。7月22日からの大雨による災害の発生に際し、厚労省は関係機関に周知徹底を呼びかけた。

今回の災害についての免除期間は平成29年6月分から平成31年6月分までとなる。

年金時代