年金時代

公的年金 平成28年度収支決算で運用収入は2年ぶりの黒字回復

厚生労働省は8月10日、厚生年金・国民年金の平成28年度収支決算の概要を公表した。厚生年金については、被保険者数の増加や保険料率の引き上げにより保険料収入が増加して、歳入は48兆7,555億円と前年度より3兆5,911億円増加した。また、年金受給者数の増加により厚生年金の給付費も増え、歳出は45兆6,595億円と前年度よりも2兆7,587億円増加、歳入歳出差は3兆960億円の黒字となった。国民年金については、歳入は4兆4,309億円と前年度より1,962億円増加、歳出は4兆3,816億円と前年度より2,627億円増加した。歳入歳出差は493億円の黒字となった。

なお、平成28年度決算における年金積立金は117兆6,506億円(時価ベース153兆4,130億円)となった。また、積立金の運用収入は厚生年金7兆4,075億円、国民年金4,854億円と2年ぶりに黒字に回復した。

年金時代