年金時代

公的年金 振替加算の提出書類について意見募集

厚生労働省は9月15日、日本年金機構に提出する振替加算に関する書類を見直すための省令案について、意見募集を開始した。見直しの内容は次のとおり。

振替加算の要件に該当する場合には、65歳時の老齢基礎年金の請求に際し、氏名、生年月日、住所、基礎年金番号および配偶者が受給する加算対象年金給付の名称等を記載した届書の提出を義務づける。なお、届書提出の際に振替加算に係る生計維持確認書類を添付する。

また、配偶者が加給年金額を受給している人が特別支給の老齢厚生年金を請求する際には、振替加算に係る生計維持確認書類を添付することとし、この場合には65歳時の老齢基礎年金の請求に際しては同書類の添付や上記の届書を不要とする。

意見募集の締め切りは10月14日。10月中旬以降に施行予定。

年金時代