年金時代

企業年金 簡易企業型DCや運用改善などDC改正政省令案のパブコメが公表される

厚生労働省は9月22日、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令案」および「確定拠出年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等に関する省令案」についてパブリックコメントを出した。内容は、中小事業主掛金納付制度、簡易企業型DC、指定運用方法(いわゆるデフォルト商品)に関する規定の整備、ポータビリティの拡充など、改正DC法(平28.6.3公布)によって公布日から2年以内の政令によって施行するとされた改正項目に関するもの。デフォルト商品に関する規定については、昨年6月に報告書がまとめられた「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」の議論がベースとなっている。パブリックコメントでは10月21日まで意見を募集し、11月に公布の予定。施行は平成30年5月1日を予定している。

●確定拠出年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令案
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170185&Mode=0
●確定拠出年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等に関する省令案
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170186&Mode=0
年金時代