年金時代

公的年金 11月30日は「年金の日」、11月は「ねんきん月間」

厚生労働省は、国民一人ひとりが「ねんきんネット」等を活用しながら、高齢期の生活設計に思いを巡らす日として、平成26年度から毎年11月30日(いいみらい)を「年金の日」とし、全国社会保険労務士会連合会や企業年金連合会、金融機関や生命保険会社等の各団体等と協働し、ポスターなどにより年金の日および年金ネットの周知を図る取り組みを実施する。また、平成29年度はスマートフォン用のアプリ「ねんきん情報アプリ!」の試行版を提供するなど、新しい情報提供にも取り組む。

平成29年度「年金の日」の取組について
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/H29_bessi_1.pdf

また、日本年金機構は厚生労働省と協力して、11月を「ねんきん月間」と位置づけ、公的年金制度の普及・啓発活動を展開している。11月中、全国の市・区役所や町村役場、大学、老人ホーム、駅、商業施設など、さまざまな場所で年金事務所職員などによる出張年金相談やセミナー・説明会を実施する。

全国の年金事務所の取組
https://www.nenkin.go.jp/service/nenkingekkan/gaiyou/2017.html
年金時代