年金時代

【おすすめ商品】2001-2017年 ドキュメント社会保障改革 -「年金時代」186本のコラムが語る-

「最終回のコラムで執筆者名を明らかにした」――厚労省の官僚として絶えず社会保障改革の中枢にいた筆者は、2001年から17年間、匿名で月刊誌に書き続けてきた。これ以上に貴重なドキュメントは今後絶対に生まれない。(権丈善一 慶應義塾大学商学部教授)―本書帯より―

『2001-2017年 ドキュメント社会保障改革 -「年金時代」186本のコラムが語る』

規格:四六判・608頁
発行:平成29年11月発刊
商品No:31710N1
定価:本体3,500円+税
著者:中村秀一
企画・制作:年友企画
発売:社会保険出版社

「社会保障の強化と財政健全化の同時達成にしか未来はない」とする著者が2001-2017年の小泉政権から第1次安倍、福田、麻生政権を経て民主党政権の鳩山、菅、野田政権から再び自公連立の第2次安倍政権に至る激動の17年間を綴ったコラムを掲載。「現時点からのコメント」を添える。社会保障関係者、自治体担当者、政策担当者および社会保障の研究者、学生に必読の書。

 

【構成内容】
連載のスタート:小泉改革の渦中で
2005年の介護保険改革を担当して
混迷する社会保障政策
政権交代と社会保障
一体改革に参画して
虎ノ門から見る社会保障
連載の終わりに

年金時代