年金時代

公的年金 年金機構が窓口対応コンテストを開催

日本年金機構は12月6日、年金事務所職員9名による窓口対応コンテストを開催した。こうしたコンテストは今回が初めてで、実際に窓口年金相談の対応を担う全国の職員のなかから9名が選出され、各人7分間のロールプレイングを行った。

課題は9人共通で、特別支給の老齢厚生年金を受給している独身女性が65歳の誕生日を迎え、届いた年金請求書(ハガキ様式)を持って年金事務所を来訪した場合の対応。事前に課題は知らされておらず、初見でありながら各人が日ごろの接客スキルや豊富な年金の知識を披露した。

最優秀賞に輝いた前原ルミ子さんのロールプレイング。

水島藤一郎理事長ら審査員5名による審査の結果、最優秀賞に沖縄県コザ年金事務所の前原ルミ子さん、優秀賞に徳島県徳島北年金事務所の明野美紀さんと山形県寒河江年金事務所の松尾明子さんが選ばれた。

評価のポイントは、好感と信頼を得られる接客マナーや正確でわかりやすい説明などで、特に65歳時の年金手続の意味を伝えたうえで複雑な繰下げ制度をわかりやすく説明したことが受賞の決め手となった。

【平成29年度 窓口対応コンテスト参加者】
北海道  札幌東年金事務所 高木 幾子さん
山形県  寒河江年金事務所 松尾 明子さん
茨城県  日立年金事務所  澤田 友子さん
神奈川県 鶴見年金事務所  永塚 悟さん
静岡県  清水年金事務所  朝倉 るみ子さん
兵庫県  尼崎年金事務所  前川 志寿さん
広島県  広島西年金事務所 尾﨑 美紀さん
徳島県  徳島北年金事務所 明野 美紀さん
沖縄県  コザ年金事務所  前原 ルミ子さん

 

年金時代