年金時代

企業年金 DB・DCと中退共間のポータビリティに関する通知を発出

厚生労働省は2月5日、確定拠出年金(DC)法改正(平成28年法律66号)に伴い確定給付企業年金(DB)またはDCと中小企業退職金共済(中退共)間のポータビリティが拡充されたことについて、資産移管に関する詳細な取り扱いを定めた「企業年金制度と中小企業退職金共済制度間の移行に係る事務取扱準則」を発出。新たに規約に定める事項や申出手続、加入者への説明事項を規定した。

今回のポータビリティの拡充は、通常の離転職に伴う資格喪失のケースとは異なり、会社法に定める合併等(会社分割を含む)により加入者資格を喪失したことが条件となる。そのため、規約では合併等による資格喪失事由を新たに定める。また、資格喪失する加入者の同意が必要となるため、同意が得られなかった場合の資産移換の選択肢もあわせて規定する。

 

年金時代