年金時代

公的年金 日・チェコ社会保障協定の改正が8月1日に発効

日・チェコ社会保障協定を改正する議定書の効力発生のための手続が5月16日、プラハで行われ、これにより協定の改正が8月1日に発効することとなった。

日本とチェコ共和国との社会保障協定は、一時派遣被用者の保険料二重払いの防止と年金資格期間の通算を含むもので、2009年に発効した。今回、一時派遣被用者の範囲を明確化することにより保険料二重払いの解消を強化するとともに、日本の被用者年金一元化法を踏まえた改正を行う。

 

ここから先はログインしてご覧ください。

年金時代