年金時代

公的年金 年金機構が国民年金保険料の強制徴収集中取組期間の実施結果を公表

日本年金機構は6月29日、国民年金保険料の強制徴収集中取組期間(平成29年12月及び平成30年1月)の実施結果を公表した。それによると、平成29年11月までに督促を行った強制徴収対象者のうち、控除後所得額が300万円以上で、かつ未納月数13月以上の者(控除後所得が350万円以上の場合は未納月数7月以上の者)などで保険料が未納付の37,780人に対して、財産調査や差押えなどを実施した結果、納付した者は18,677人、そのうち差押えによる納付は3,810人。継続して財産調査中は19,103人となった。また、控除後所得額1,000万円以上についてみると、強制徴収の実施対象者2,111人のうち納付した者は1,364人で、そのうち差押えによる納付は391人。継続して財産調査中は747人となった。

年金時代