年金時代

公的年金 平成29年度決算の年金積立金は時価164兆円に

厚生労働省は8月10日、厚生年金・国民年金の平成29年度収支決算の概要を公表した。

これによると、厚生年金は歳入48兆114億円、歳出46兆4,233億円となり、歳入が歳出を1兆5,881億円上回った。被保険者数の増加や保険料率引き上げにより歳入が増加した一方で、解散厚生年金基金からの徴収金が大幅に減ったことから、歳入は28年度よりも減少。また、年金受給者数の増加等により歳出は28年度よりも増加したことから、歳入歳出の残額は28年度よりも縮小するかたちとなった。

国民年金については、歳入4兆1,740億円、歳出4兆1,607億円となり、歳入が歳出を133億円上回った。被保険者数、年金受給者数ともに年々、縮小しており、歳入、歳出、残額すべて28年度よりも減少した。

平成29年度末の年金積立金は、厚生年金が111兆9,295億円(時価154兆9,035億円)、国民年金が7兆3,132億円(時価9兆2,210億円)、合計で119兆2,427億円(時価164兆1,245億円)となった。

年金時代