年金時代

統計調査 今年100歳を迎えた人32,241人、100歳以上は約7万人

厚生労働省は9月14日、100歳を超える高齢者が平成30年9月1日現在で32,241人(前年度比144人増)になったと発表した。100歳以上の高齢者の数は、老人福祉法が制定された昭和38年には全国で153人だったが、昭和56年に千人を超え、平成10年に1万人、平成24年には5万人を超え、今年は69,785人(前年比2,014人増)となった。そのうち女性は61,454人で全体の約88%を占めている。なお、老人福祉法では、9月15日を「老人の日」と定め、百歳を迎える高齢者に内閣総理大臣からお祝い状と記念品を贈呈している。

年金時代