年金時代

公的年金 障害基礎年金の支給停止を再審査で1,106人支給へ

日本年金機構では、これまで都道府県に設置されている事務センターで行っていた障害年金審査業務を平成28 年10 月から平成29 年4月にかけて段階的に障害年金センターへ集約し、審査の一元化を図ってきた。

10月17日、平成29 年度に1年後再審査とした20 歳前障害基礎年金受給者1,010 人と、平成28年度以降に20歳以後の障害による障害基礎年金を支給停止とした3,811人について再審査を行い、結果を公表した。

これによると、20歳前障害基礎年金受給者については、診断書を提出した954人のうち823人が支給継続となり、また支給停止とした57人については支給停止を取り消し、停止した月にさかのぼって年金を支給する。

また、平成28年度から30年度にかけて障害基礎年金(20歳以後)を支給停止した3,811人のうち1,049人の支給停止を取り消し、停止した月にさかのぼって年金を支給する。

●平成29年度において1年後再審査とした20歳前障害基礎年金受給者(1,010人)の審査結果等について http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2018/2018101702.files/01.pdf

 

年金時代