年金時代

公的年金 厚労省と年金機構が「ねんきん月間」と「年金の日」を広報

厚生労働省と日本年金機構は、11月を「ねんきん月間」、11月30日を「年金の日」と位置づけ、賛同する関連団体と協働して公的年金制度の普及・啓発活動を展開することを広報した。ねんきん月間は、国民に公的年金制度を身近に感じてもらうとともに公的年金制度に対する理解を深めてもらうことを目的としている。年金の日は、国民一人ひとりに「ねんきんネット」等を活用して年金記録や公的年金の受給見込み額を確認してもらい、老後の生活設計に思いをめぐらせてもらうことが目的となっている。

年金の日の取り組みとしては、賛同団体(全国社会保険労務士会連合会、企業年金連合会、国民年金基金連合会など)やその会員等(金融機関、生命保険会社など)が行う年金相談会等で「年金の日」や「ねんきんネット」の周知を図るほか、機構では出張相談や年金セミナーを実施している。「年金の日」ポスターは厚生労働省のホームページからダウンロードできる。

●平成30年度「年金の日」ポスターhttps://www.mhlw.go.jp/content/12500000/000359233.pdf
年金時代