年金時代

【投稿】埼玉県年金委員会が 「区民まつり」でさいたま市とコラボ―「年金太郎」君も活躍

Web年金時代編集部に埼玉県年金委員会から11月の年金月間にちなんだ活動報告が届きました。11月4日㈰、浦和北公園で開催された「区民まつり」に協賛。年金広報・相談を行いました。

年金不安の解消と制度への理解をねらいにチラシ配布と年金相談を実施

年金広報は地域との連携によって始めて効果的に広がっていきます。
11月は年金月間です。同時期に開催されるさいたま市浦和区区民まつりに協賛し、浦和年金事務所と埼玉県年金委員会の合わせて十数名が参加。年金広報の地域展開を行いました。

同まつりは、浦和区最大のイベント、区内の数か所に拠点を設け、市民が「世代を超えてつながる浦和」をテーマに、あらゆる地域コミュニティ等が参加し開催されるものです。

右がわれらがゆるキャラ年金太郎君。

当会場は、福祉系団体のほか各界のブース、工作や手作りコーナー、遊具コーナーさらには食べ物コーナーなどが立ち並び、ステージでは、マーチング演奏に始まり、おどり、ヒップホップダンス、おやじバンドなどが出演し、参加した大勢の市民が盛り上がっていました。

紙袋でも「埼玉県年金委員会」と「年金の日」をしっかりご案内。

年金では、地域住民の方々の年金不安の解消や年金制度の理解を深めることをねらいとして、チラシ配布や年金相談を行いました。
特にゆるキャラ「年金太郎」君の登場や塗り絵(裏面はチラシ)、風船のサービスが人気を集めていました。また、これらの人気につられて年金相談などにも立ち寄る市民が目立った「まつり」となりました。

ぬり絵の裏面は年金広報のチラシに。
年金時代