年金時代

公的年金 財政検証とピアレビューについて審議――年金数理部会

厚生労働省の社会保障審議会年金数理部会(部会長=菊池馨実・早稲田大学法学学術院教授)は11月30日、来年の財政検証を数理部会で監査するピアレビューなどについて意見交換を行った。この日は、坂本純一・JSアクチュアリー事務所代表が「社会保障アクチュアリーの実務に関する国際動向」と題した基調講演を行った。坂本氏は、国際アクチュアリー会が作成している社会保障アクチュアリーの実務基準について紹介したほか、G7諸国の事例としてカナダをはじめとする各国の数理レポートについて解説。また、年金数理部会がオプション試算を含む数理レポートについて①財政検証における財政分析がおおむね合理的なものになっているかの検証②不明瞭な点を明らかにする③掘り下げの足りない点を指摘する④誤りを指摘する⑤開示の足りない点を指摘する――といった役割を担うのではないかとの見解を示した。坂本氏の講演を受けて、数理部会では財政検証における将来のシミュレーションの考え方や、情報提供のあり方、財政検証の意義と役割の観点から意見交換を行った。

年金時代