年金時代

統計調査 出生数が3年連続100万人割る

厚生労働省は12月21日、「平成30年人口動態統計の年間推計」を公表した。

出生数は、明治32年の統計開始以来、最少だった平成29年の94万6,065人より約2万5,000人少ない、92万1,000人となり、過去最少を更新した。出生数の100万人割れは3年連続となった。

一方、死亡数は、平成29年の134万397人より約2万9,000人多い、136万9,000人で戦後最大となった。死亡数から出生数を差し引いた自然減は12年連続となり、44万8,000人と推計されており過去最大。人口減少の状況が改めて示された。

出生数減少の背景について厚生労働省の担当者は、出産適齢期とされる25~39歳の女性が毎年およそ25万人減っているためとみている。

年金時代