年金時代

政令 元号を「令和」に改める政令が5月1日に施行

元号を「令和」(れいわ)に改元する政令が5月1日に施行され、同日元号が平成から令和となったが、同政令が公布された4月1日、新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議では、改元に伴う元号による年表示の取扱いについて申合せを行った。

それによると、改元に伴う元号による年表示については、①国民生活への影響をできる限り少なくすること②各府省における円滑な事務手続に資すること――を基本的な考え方として、取り扱うとしている。

また、元号による年表示に関する原則として、⑴改元日前までに各府省が作成した文書については、「平成」を用いて改元日以降の年を表示している場合も有効とし、改元のみを理由とした一括整理は行わない。⑵改元日以降に各府省が作成する文書については、「令和」を用い、やむを得ず「平成」の表示が残る場合も有効だが、混乱を避けるため、訂正等を行う。⑶元号を改める政令の公布日(本年4月1日)から施行日(本年5月1日)前までに各府省が作成し公にする文書には「平成」を用いる。

法令等については、「平成」を用いて改元日以降の年を表示しても有効とし、原則、改元のみを理由とする改正は行わない。また、国の予算の会計年度の名称は、原則、改元日以降は「令和元年度」とする。

年金時代