年金時代

公的年金 日本年金機構がモンゴルの年金実務担当者に研修を実施

日本年金機構は5月20日、独立行政法人国際協力機構(JICA)が主催している社会保険実施能力強化プロジェクトの一環として、モンゴルの年金実務担当者に対して研修を実施した。今回の研修にはモンゴルで年金政策や年金実務を担当している中央・地方行政官や職員17人が参加し、研修期間は5月19日~6月1日。この日は、機構組織を紹介したほか、事務処理の流れや国民年金の適用業務と徴収業務、年金相談の体制、紙媒体の電子化などについて講義を行った。機構の事業企画部国際事業グループは、研修にあたっての正式なあいさつは、モンゴルの担当者が機構本部を訪問した際に行うとしたが、「きょうの講義はこれから2週間の研修を行うにあたって基本となる部分なので、しっかり聞いてほしい」と研修の重要性を強調した。

年金時代