年金時代

公的年金 障害年金受給者の手続変更について

障害年金受給者に対して日本年金機構から送付される障害状態確認届(診断書)の用紙は、これまで誕生月の前月末ごろに送付されていたが、提出期限が令和元年8月以降となる場合から誕生月の3ヵ月前の月末に送付される。また、作成期間が提出期限1ヵ月以内から3ヵ月以内に拡大される。

また、障害給付額改定請求書についても令和元年8月以降の請求から、添付する診断書の作成期間が提出日前1ヵ月以内から提出日前3ヵ月以内に拡大される。

●障害年金受給者の手続変更

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2019/20190531.files/01.pdf

なお、20歳前傷病による障害年金受給者の手続についても、所得状況届が原則として提出不要となる。障害状態確認書(診断書)は、これまで毎年7月末が提出期限となっていたが、今後は誕生月末が提出期限となり、日本年金機構から誕生月の3ヵ月前の月末に送付される。作成期間も提出期限の1ヵ月前以内から3ヵ月前以内に拡大される。この取り扱いは、提出期限が令和元年8月末以降の場合からとなる。

障害給付額改定請求書についても同様に、令和元年8月以降の請求から添付する診断書の作成期間が提出日前1ヵ月以内から提出日前3ヵ月以内に拡大される。

●20歳前傷病による障害年金受給者の手続変更

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2019/20190531.files/02.pdf

年金時代