年金時代

白書 少子化社会対策白書が公表される

内閣府は6月18日、令和元年版少子化社会対策白書とともに平成30年度少子化社会対策に関する意識調査の報告書を公表した。白書の特集の一つである「結婚や子育てに関する意識」にこの報告書が用いられている。結婚に関する意識では、20~49歳の未婚の人にどのような状況になれば結婚すると思うかと聞いたところ、「経済的に余裕ができること」が42.4%と最も高く、次いで「異性と知り合う(出会う)機会があること」が36.1%だった。結婚相手の理想の年収を聞いたところ、男性は「300万円未満」「収入は関係ない」が女性と比べて高く、女性は「400万円以上」の割合が男性と比べて高かった。実際の男女の年収分布と比較すると、特に女性が結婚相手に求める年収と男性の実際の収入には開きがあることがわかった。白書では、結婚の希望の実現に対する障害となっているのは、経済的負担感や出会いの機会の減少、結婚相手に求める理想と現実のギャップによりマッチングが難しいことと分析。結婚希望者への支援をいっそう充実させることが求められているとした。

夫婦の働き方や家事・子育てに関する意識では、結婚後の働き方について60%以上の人が「夫婦ともに働こうと思う」と答え、その理由は「経済的に共働きをする必要があるから」が57.8%となった。20~59歳の人に家庭での家事・育児は誰の役割だと思うかを聞いたところ、「妻も夫も同様に行う」が44.6%と最も高く、次いで「基本的には妻の役割であり、夫はそれを手伝う程度」が23.4%、「どちらか、できるほうがすればよい」が18.7%だった。白書では、男性の家事・育児参画への意欲は決して低いわけではないと指摘。日本で6歳未満の子どもをもつ夫の家事・育児関連時間が先進国中最低の水準にとどまることや、夫の休日の家事・育児時間と第2子以降の出生状況の間にプラスの関連性が示されていることを踏まえ、男性が家事・育児により積極的に参画できる職場環境整備が不可欠とした。

●少子化社会対策白書:https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/index.html
●少子化社会対策に関する調査等:https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/index.html
年金時代