年金時代

【投稿】埼玉県地域型年金委員会が地域コミュニティーに団体加入

埼玉県年金委員会は、地域コミュニティー「浦和東部地区元気アップネットワーク」の開催するイベントやセミナーにおいて随時連携した活動をしてきましたが、令和元年6月8日に開催された地域コミュニティー総会において、今年度から団体会員として同コミュニティーに参加することになりました(年会費2,000円)。
同地域コミュニティーとの関係や当委員会のこれまでの活動状況は図1のようになります。

年金相談会で活躍する「年金太郎」は年金委員お手製のゆるキャラで、平成30年度に登場。

6月27日、厚生労働省は平成30年度の国民年金の加入・保険料納付状況および保険料収納対策を公表しています(図2)。私たち年金委員および年金委員会は、これら事業の下支えになれるよう加入者の意識啓発のため地域の中に浸透していく工夫や活動をしていきたいと考えています。現在、これらの活動は、浦和年金事務所を中心として埼玉県内の各年金事務所の協力を得ておりますが、多くの課題もあり、今後継続していくためには、さらに大きな支援や協力が必要な状況です。

図2●国の国民年金保険料収納対策

出所:厚生労働省年金局・日本年金機構「公的年金制度斬対の状況・国民年金保険料収納対策について(概要)」(令和元年6月27日)
年金時代