年金時代

雇用労働 外国人雇用の届出事項に在留カード番号を追加

厚生労働省は9月19日、外国人を雇用する際の届出事項に、在留カード番号を追加する「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等を公布した。令和2年3月1日に施行する。

在留カード番号は、中長期在留者の外国人に交付される「在留カード」の右上に記載されている12ケタの英数字のこと。外国人雇用状況届の様式を改正し、在留カード番号の記載欄を設ける。中長期在留者の外国人を雇用する事業主は、在留カードによって番号を確認し、届け出なければならないとする。番号を届出させることにより、厚労省が外国人雇用状況届において把握する情報と、法務省が在留資格管理において把握する情報の突合が可能となり、両省間で情報連携を図り、より適切な雇用管理、在留資格管理を行うことができるようになる。

なお、外国人が雇用保険の被保険者となる場合、現行では、外国人雇用状況届に代えて雇用保険被保険者資格取得届に在留資格などを記載することで届出を行っている。資格取得届についても、いずれ在留カード番号の記載欄を設ける様式改正を行うが、システム改修等が必要なため、来年度にずれこむ見込み。当面は、在留カード番号を記載した書類を資格取得届に添付する形で運用する予定だとしている。

年金時代