年金時代

アンケート結果(概要)の公表について

 2019年8月16日(金)~2019年8月30日(金)に実施いたしましたweb年金時代についてのアンケート結果(概要)を公表いたします。おかげさまで多くの貴重なご意見が寄せられ、今後より魅力的な連載企画や運営につなげていければと考えております。アンケートにご協力くださり、誠にありがとうございました。今後ともweb年金時代をよろしくお願い申し上げます。

回答者の属性では、社会保険労務士が最も多く、次いで金融機関や企業年金、会社などの順となりました。「その他」を選ばれた方のなかには、団体職員や会社員などが含まれることがわかりました。年金時代を何で知ったかについては、紙媒体だったときの月刊年金時代が過半数を占め、次いでインターネットが4割近くとなりました。その一方で、SNSは3%台にとどまり、SNSの活用が今後の課題の一つとなりそうです。

年金時代を見る頻度については、「週1、2回」と「月1、2回」に二分する傾向となりました(図表1参照)。また、年金時代の更新頻度については「ちょうどいい」とする意見が9割近くとなりました。

図表1●年金時代を見る頻度

よく読む記事については、「ニュース・トピックス」「年金相談ROOM」「年金基礎知識」の順に多い結果となりました(図表2参照)。

図表2●よく読む記事

年金以外の分野でほしいと思われている情報については、「労働実務」「ライフプラン」「働き方改革」がいずれも4割を超えました(図表3参照)。

図表3●年金以外の分野で欲しい情報

情報を得るうえで他に利用しているウェブサイトや雑誌については、厚生労働省や日本年金機構をはじめとする公共機関のホームページや、専門誌や一般誌、新聞のニュースサイトなどの回答が複数寄せられました。

このほか、年金時代へのご意見やご要望として以下のようなものがありました。

  • さらなる記事の充実を期待しています
  • ネットの時代なので、もう少し世間にアピールしても良いのではないでしょうか
  • 年金法改正や年金機構の請求手続きの変更、請求書様式変更、情報連携などの、詳細かつ正確な情報を、今後、できるだけ早くUPしてほしい
  • このサイトを見てから、年金への壁が低くなった気がします。自分は実務でも国民年金の知識が必要だったので、助けられました。今後とも、多種多様な記事を楽しみにしています
  • 専門性の高い年金関連情報を提供している貴重なサイトなので、今後もその姿勢を貫いてほしいと思います
  • 日頃の情報がいち早く把握できて大変助かっています。

 

以上、ご協力ありがとうございました!

年金時代