年金時代

社会保険 日本年金機構が新たな健保被扶養者(異動)届の様式案示す

日本年金機構は1月21日、健康保険の被扶養者の認定要件に国内居住要件を追加する「健康保険法等の一部を改正する法律」が令和2年4月1日から施行されることを受け、新たな健康保険被扶養者(異動)届の様式案を示した。住民票が日本国内にあれば基本的に国内居住要件は満たしたものとされるが、日本国内に住所がなくても日本国内に生活の基礎があると認められる者として、国内居住要件の例外に該当した際に記入する記載欄を設けた。なお、従来の様式も引き続き使用は可能だとしている。

国内居住要件の例外に該当する場合は以下のとおり。例外に該当することを確認するため、個別判断となる⑤を除き、カッコ内のいずれかの書類が添付書類として求められる。

①外国において留学をする学生(査証、学生証、在学証明書、入学証明書等の写し)

②外国に赴任する被保険者に同行する者(査証、海外赴任辞令、海外の公的機関が発行する居住証明書の写し)

③観光、保養又はボランティア活動その他就労以外の目的での一時的な海外渡航者(査証、ボランティア派遣期間の証明、ボランティアの参加同意書等の写し)

④被保険者の海外赴任期間に当該被保険者との身分関係が生じた者で、②と同等と認められるもの(出生や婚姻等を証明する書類等の写し)

⑤上記のほか、渡航目的その他の事情を考慮して日本国内に生活の基礎があると認められる者

健康保険被扶養者(異動)届の届書様式案

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2020/20200121.files/04.pdf

年金時代