年金時代

公的年金 令和2年度の年金額は昨年度から0.2%プラスに

厚生労働省は1月24日、令和2年度の年金額を公表した。年金額は物価や賃金の変動に応じて毎年度改定されるが、その「物価変動率」と「名目手取り賃金変動率」のいずれもがプラスで、物価変動率のほうが大きい場合、名目手取り賃金変動率を用いることになっている。令和2年度は、物価変動率(0.5%)が名目手取り賃金変動率(0.3%)を上回ったため、改定には賃金変動率(0.3%)を用いることになる。少子高齢化の影響を反映したマクロ経済スライドによる調整率(マイナス0.1%)を加味した結果、改定率は0.2%のプラスとなる。令和2年度の新規裁定者(67歳以下の人)の年金額の例は以下のとおり。

令和元年度

(月額)

令和2年度

(月額)

国民年金

(老齢基礎年金(満額):1人分)

6万5,008円 6万5,141円

(+133円)

厚生年金

(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な金額)

22万266円 22万724円

(+458円)

*夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43.9万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準。

また、厚労省は年金額の公表に伴い、2019年度における国民年金保険料の前納額も同日にあわせて公表した。前納額は以下のとおり。

①6ヵ月前納(令和2年4月~令和2年9月分または令和2年10月~令和3年3月分の保険料が対象)

【口座振替の場合】9万8,110円(毎月納める場合より1,130円の割引)

【現金納付の場合】9万8,430円(毎月納める場合より810円の割引)

②1年前納(令和2年4月~令和3年3月分の保険料が対象)

【口座振替の場合】19万4,320円(毎月納める場合より4,160円の割引)

【現金納付の場合】19万4,960円(毎月納める場合より3,520円の割引)

③2年前納(令和2年4月~令和4年3月分の保険料が対象)

【口座振替の場合】38万1,960円(毎月納める場合より1万5,840円の割引)

【現金納付の場合】38万3,210円(毎月納める場合より1万4,590円の割引)

※クレジットカード納付の前納の保険料額は現金納付と同じ金額。
年金時代