年金時代

新型コロナ 時間外労働等改善助成金のテレワークコース等に特例

厚生労働省は3月3日、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、本年度はすでに受付を終了している時間外労働等助成金のテレワークコース及び職場意識改善コースに特例を設ける方針を表明した。既存のコース要件を簡素化した特例的なコースとして、テレワークの導入や特別休暇の規定整備に取り組む中小企業事業主を助成する。令和2年2月17日から5月31日までの期間に実施した取り組みが助成対象。同省は速やかに準備を進め、申請受付を開始する考えだ。

テレワークの特例コースは、テレワーク用通信機器の導入・運用や、就業規則・労使協定等の作成・変更等の取り組みが対象。期間中にテレワークを実施した労働者が1人以上いることを要件とし、補助率は2分の1、上限額は100万円となる予定。

職場意識改善の特例コースは、就業規則等の作成・変更や、労務管理用機器等の購入・更新等の取り組みを対象として、期間中に労働者が利用できる特別休暇の規定を整備することが要件となる。補助率は4分の3、一定の要件を満たす場合は5分の4で、50万円が上限額となる見通しだ。

※特例コースは3月9日から申請受付が開始されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10037.html

年金時代