年金時代

公的年金 厚生年金保険料等の納付を1年間猶予

政府は4月30日、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策に盛り込んだ厚生年金保険料等の納付猶予の特例を実施した。新型コロナウイルス感染症の影響により、事業等収入に相当の減少があり、一時的に厚生年金保険料等を納付することが困難な事業主等を対象に、厚生年金保険料等の納付を1年間猶予する。延滞金も全額免除される。

特例の対象となるのは、①令和2年2月以降の任意の期間(1ヵ月以上)における事業等収入が、新型コロナウイルス感染症の影響によって前年同期に比べて20%以上減少しており、②厚生年金保険料等を一時に納付することが困難な事業主等。該当する事業主等が年金事務所に申請することにより、令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する厚生年金保険料等の納付が猶予される。4月30日までの間に納期限が到来している厚生年金保険料等(令和2年1月分から3月分)は、令和2年6月30日までに申請することで遡って特例を利用できる。申請書は日本年金機構のホームページでダウンロードが可能だ。

なお、政府は新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時特例免除等の措置も講じており、5月1日から受付手続を開始した。①令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと、②令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること――いずれも満たした場合が対象で、学生であっても上記の要件に合致すれば、特例の対象となる。

年金時代