年金時代

雇用労働 労働保険の年度更新期間を8月31日まで延長

厚生労働省は5月11日、労働保険の年度更新期間の期限について7月10日から8月31日に延長する告示(労働保険料等に関する納期限等を延長する件)を発出した。新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置。

労働保険の年度更新は、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続のこと。例年6月1日から7月10日の間に、都道府県労働局または労働基準監督署等に申告書等の提出が求められている。

同省はあわせて、事業収入に相当の減少があった事業主を対象に、労働保険料等の納付を1年間猶予する特例も実施する。猶予の対象となるのは、新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヵ月以上)において、事業収入が前年同期に比べておおむね 20%以上減少しており、一時に納付することが困難な事業主。令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する労働保険料等が対象で、令和2年度労働保険料等の納付猶予を受けるには8月31日までに都道府県労働局に申請することが必要だ。

年金時代