年金時代

【新型コロナ】小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等を引き上げ、対象期間を延長

厚生労働省は5月26日、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等を引き上げ、対象期間を延長すると発表した。

厚労省では、新型コロナウイルス感染症の影響で小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者を支援するため、正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金)と、委託を受けて個人で仕事をする人向けの支援金制度(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金)を創設し、令和2年2月27日から6月30日までの間に取得した休暇等について支援を行っている。

[上限額等の引上げについて]
○助成金の支給額:休暇中に支払った賃金相当額 × 10/10
▶1日当たり8,330円を支給上限 ⇒ 15,000円を支給上限(引上げ後の額の適用対象は令和2年4月1日以降に取得した休暇等)
○支援金の支給額:就業できなかった日について
▶1日当たり4,100円(定額)  ⇒ 7,500円(定額)

[対象期間の延長について]
○対象となる休暇等の期限
▶令和2年6月30日まで ⇒ 令和2年9月30日まで
○申請期間
▶令和2年9月30日まで ⇒ 令和2年12月28日まで

助成金HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

支援金HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

<問い合わせ先>
▶学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金コールセンター
電話:0120-60-3999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

【広告】新型コロナウイルスから会社や従業員を守るため、このリーフレットをご活用ください!

新型コロナウイルス感染症の影響で、会社の経営に支障が出てしまった事業主さんや、生活に困ってしまった方々が活用できる公的支援制度(助成金、給付金、貸付、支払猶予など)について、所管の行政機関の枠にとらわれずに、横断的・網羅的に支援制度を掲載、説明しています。

また、巻末(⑧頁)掲載のQRコードを使って、最新の追補情報や新型コロナウイルス関連情報(Web年金時代)をご利用いただけます。

『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』
規格:A4判・8頁
発行:令和2年5月
商品No.:460400
定価:本体120円+税
  

【追補情報】
リーフレット「新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド」

トピックスに掲載の「【新型コロナ】小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等を引き上げ、対象期間を延長」の記事(2020/06/04掲載)は、上記リーフレット②頁の掲載内容(「小学校等の臨時休業等で子どもの世話が必要となった▶小学校休業等対応助成金(事業主向け)・支援金(個人事業主向け)」)についての追補情報です。リーフレットをご活用の際の参考としてください。

年金時代