年金時代

企業年金 DBの支給開始時期の範囲を70歳まで拡大

厚生労働省は6月5日、「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が公布されたことに伴い、確定給付企業年金(DB)の支給開始時期の範囲を70歳まで設定できるようになったことについて通知を発出した。DBでは、これまで一般的な定年年齢を踏まえ、労使合意に基づく規約によって60歳から65歳の間で支給開始時期を設定できた。今回の制度改正では、企業の高齢者雇用の状況に応じたより柔軟な制度運営を可能とするため、この設定可能な範囲を70歳までに拡大した。厚労省は同日付で「確定給付企業年金規約例」と「確定給付企業年金に関する承認・認可申請等にかかる事務処理の改善について」も同様の変更を行ったことを事務連絡で周知している。

年金時代