年金時代

【新型コロナ】年金機構が新型コロナの影響による納付の猶予(特例)で電子申請による受付を開始

新型コロナの影響による納付の猶予(特例)の電子申請を6月10日より受付開始

日本年金機構は6月10日、新型コロナウイルス感染症の影響による納付の猶予(特例)について、電子申請による受付を開始した。
新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヵ月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて20%以上減少しているなどして、一時的に厚生年金保険料等を納付することが困難となった事業主・船舶所有者は、年金事務所に申請することにより、厚生年金保険料等の納付の猶予を受けることができる。納付の猶予(特例)が認められた場合は、令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する厚生年金保険料等の納付が、納期限から1年間猶予され、その間の延滞金は全額免除となる。

日本年金機構ホームページ「新型コロナウイルス感染症の影響による納付の猶予(特例)」▶https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202006/0610.html

 

【広告】新型コロナウイルスから会社や従業員を守るため、このリーフレットをご活用ください!

新型コロナウイルス感染症の影響で、会社の経営に支障が出てしまった事業主さんや、生活に困ってしまった方々が活用できる公的支援制度(助成金、給付金、貸付、支払猶予など)について、所管の行政機関の枠にとらわれずに、横断的・網羅的に支援制度を掲載、説明しています。

また、巻末(⑧頁)掲載のQRコードを使って、最新の追補情報や新型コロナウイルス関連情報(Web年金時代)をご利用いただけます。

『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』
規格:A4判・8頁
発行:令和2年5月
商品No.:460400
定価:本体120円+税
  

【追補情報】リーフレット『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』⑥頁「厚生年金保険料の猶予制度の特例」

トピックスに掲載の「【新型コロナ】年金機構が新型コロナの影響による納付の猶予(特例)で電子申請による受付を開始」の記事(2020/06/22掲載)は、上記リーフレット⑥頁の掲載内容(「事業収入が減少の場合、社会保険料等の納付を猶予▶厚生年金保険料等の猶予制度の特例」)についての追補情報です。リーフレットをご活用の際の参考としてください。

年金時代